[Vo]:Cancelled Proceedings table of contents
Jed Rothwell
Fri, 22 Oct 2010 10:48:31 -0700

Low-Energy Nuclear Reactions
The Information Fundamental Source

Jan Marwan, Editor
Dr. Marwan Chemie

*Table of Contents*

*Preface *-- J. Marwan

001 - Hot and Cold Fusion for Energy Generation
D. J. Nagel**

002 - What is real about cold fusion and what explanations are plausible?
E. Storms and B. Scanlan

003 - Cold Fusion, LENR, CMNS, FPE: One Perspective on the State of the Science Based on Measurements Made at SRI
M.C.H. McKubre and F.L. Tanzella**

*Excess Heat/Power and Calorimetry*
004 - Measurements of Excess Power Effects In Pd/D2O Systems Using a New Isoperibolic Calorimeter
M.H. Miles and M. Fleischmann

005 - Heat Evolution from Pd Nanopowders Exposed to High - Pressure Hydrogen Isotopes and Associated Radiation Measurements
A. Kitamura, A. Takahashi, Y. Sasaki, Y. Miyoshi, A. Taniike, R. Seto and Y. Fujita

006 - Absorption Capacity and Heat Evolution with Loading of Hydrogen Isotope Gases for Pd Nanopowder and Pd/Ceramics Nanocomposite
T. Hioki, H. Azuma, T. Nishi, A. Itoh, S. Hibi, J. Gao, T.Motohiro and J.Kasagi

007 - Codeposition Methods: A Search for Enabling Factors
D. Letts

008 - Impact of an Applied Magnetic Field on a High Impedance Dual Anode LANR Device
M. R. Swartz,

009 - Detection of Abnormal Quantity of Hydrogen upon Electrical Explosion of Titanium Foil in a Liquid
L. I. Urutskoev, D. V. Filippov, Anri A. Rukhadze, Larion A. Lebedev

010 - Studies on Anomalous Phenomena of D/Pd Systems using a Gas-loading Process — A Stride towards Neutrino Detection
Z. M. Dong, C. L. Liang, B. Liu, Q. M. Wei, J. Tian, S. X. Zheng, J. Z. Yu, and X. Z. Li

*Nuclear Transmutation and Nuclear Ash*
011 - Observation of Low Energy Nuclear Transmutation Reactions Induced by Deuterium Permeation through Multilayer Pd and CaO thin Film
Y.Iwamura, T.Itoh, N.Yamazaki, J.Kasagi, Y.Terada, T.Ishikawa, D.Sekiba, H.Yonemura and K. Fukutani

012 - Low Energy Nuclear Reactions and Transmutation of Stable and Radioactive Isotopes in Growing Biological Systems
V. I.Vysotskii and A. A. Kornilova

013 - Neutron Emission in Bursts and Hot Spots: Signature of Micro - Nuclear Explosions?
M. Srinivasan

014 - Review of Twenty Years of LENR Research Using Pd/D Co-Deposition
P. A. Mosier-Boss, L.P.G. Forsley, F. E. Gordon, J. Y. Dea, and M. H. Miles

*Materials Science Behind the Fleischmann Pons Effect*
015 - Material Science Behind the Fleishmann & Pons Effect
V. Violante, F.Sarto, E. Castagna, S. Lecci, G. Hubler, D. Knies, K.Grabowski, M. McKubre, F. Tanzella, T.Zilov

016 - The Role of Cathode's Surface Properties in Electrochemical Excess Heat Experiments
F. Sarto, E. Castagna, S. Lecci and V. Violante

*Theoretical Approach*
017 - Bose-Einstein Condensate Theory of Deuteron Fusion in Metal
Y. E. Kim

018 - Energy Exchange Using Spin-Boson Models with Infinite Loss
P. L. Hagelstein and I. U. Chaudhary

019 - Concerning The Role Of Electromagnetism In Low Energy Nuclear Reactions
S. R. Chubb

020 - Weight of Evidence for the Fleischmann–Pons Effect
R. Johnson and M. Melich

021 - Tunneling Beneath The 4He* Fragmentation Energy
A. Meulenberg and K. P. Sinha

022 - Ultra-High Density Deuteron-Cluster Electrode for Low Energy Nuclear Reactions
G. H. Miley, X. Yang, and H. Hora

023 - Progress in Condensed Cluster Fusion Theory
A. Takahashi

024 - Inhibition of LENR by Hydrogen within Gas Loaded Systems
D. Cravens

025 - Dynamics In Pd-H(D) Systems
A. De Ninno

026 - Model for Sonofusion
R. S. Stringham

このキャンセルについては、編者であるJan Marwan博士がAIPに対して理由を問い合わせたメールの内容が公開されています。



Energetics Technologies社、米国に移って活動(2)

Energetics Technologies社、米国に移って活動」で紹介したColumbia Daily Tribuneですが、「Cold fusion Will it work?」という記事も掲載しています。常温核融合への投資の動きを好意的に取り上げてくれていて(と思います)、嬉しい出来事です。

THE TRIBUNE'S VIEW  Cold fusion   Will it work?
By HENRY J. WATERS III  Monday, October 11, 2010

この記事のコメント欄に何人かの懐疑論者が現れ、おなじみのJed Rothwell氏やEdmund Storms博士も登場して議論が盛り上がりました。中身が読めてないので、コメントできないのが残念ですが、Edmund博士の印象的なコメントがあったので引用します。

edmundstorms (anonymous) says...
A simple search of the internet will reveal that the following facts about cold fusion have been demonstrated:
1. A large number of successful replications.
2. High quality of measurements.
3. Large magnitude of observed effects.
4. Correlation between heat and helium production.
5. Unambiguous nuclear products.
6. The effects can be initiated different ways using a variety of materials and methods.
7. All conceivable artifacts have been examined and eliminated.
8. Active programs are underway in eight countries plus several thousand publications are available, many in peer reviewed journals 
This subject is too important to ignore based on ignorance. Please read the paper:
The status of cold fusion (2010), Naturwissenschaften, 97 (2010) 861.
この研究領域は非常に重要なので、無知による無視はすべきでない。ぜひ、The status of cold fusionという論文を読んで欲しい。
October 12, 2010 at 2:59 p.m. ( permalink | suggest removal )


jedrothwell (anonymous) says...
A preprint copy of the Storms paper "The status of cold fusion (2010)," Naturwissenschaften, 97 (2010) 861 is here:
October 12, 2010 at 3:48 p.m. ( permalink | suggest removal )




Cold Fusion Nowという常温核融合への認知拡大を目指すウェブサイトがあって、盛んに活動されている事を以前にもご紹介しました。このウェブサイトの主催者であるRubyさんとメールのやりとりをしたら、ブログのFriendsの欄にリンクを張ってくれました。

  • 題名を「素人が知りたい常温核融合」に変更。常温固体核融合は一般的な名称ではないので、通称名として良く使われている常温核融合を選択しました。
  • タグにも常温核融合を追加しました。
  • 右サイドにお勧めブログ、関連リンク、閲覧数のガジェットを追加しました。

さて、日本CF研究会のWhat's Newのページに、9月17日~19日にイタリアのシエナで行われたガスローディング方式の常温核融合ワークショップへの参加報告が載りました。神戸大学大学院海事科学研究科の北村晃博士による報告です。

参加者は数名の 30 名弱であった。米国からは4 名、ロシア5 名、イギリス1 名、フランス2 名、そして日本からは高橋ISCMNS 前会長、澤田氏、日置氏、加藤氏、そして筆者の5 名であった。
実は前回までのワークショップ名は、#th International Workshop on Anomalies in Hydrogen / Deuterium Loaded Metals である。今回”Gas”が追加されている。これはConference Chaiman のF. Celani 自身の研究がガス系であることだけでなく、特に荒田名誉教授の実験以来多くの実験室でガス系、特にナノ粒子に注目したガス吸蔵方式を採用し始めたことを反映している。F. Celani とOrganizing Committee のW. Collis が冒頭でガス系の特徴と利点(高温動作の可能性、高安全性と綺麗さ、材料選択余地の大きさ等)をまとめたほか、J. P. Biberian (U. d’Aix-Marseille)、A. Kitamura / A. Takahashi (Kobe U. / Technova)、F. Celani (Nat. Inst. Nucl. Phys., Frascati)、D. Kidwell (Naval Res. Lab.)、O. Dmitriyeva (U. Colorado / Coolescence)、そしてT. Hioki (Toyota Central R & D Labs.)、V. Filimonov (Russia)の8 名が7 機関におけるガス系実験結果を発表した。
これらに共通するのは、「今までの物理化学では説明困難な大きさの発熱が認められる」ということである。その発熱の原因が核的なものであるという確たる根拠は現時点では得られていないが、いよいよここに至って、20 年間の問題の解決の糸口が見え始めたとの感がある。


Energetics Technologies社、米国に移って活動

「The Columbia Daily Tribune」というミズーリ州の新聞に常温核融合が大きく取り上げられました。


紹介されているのは、イスラエルのEnergetics Technologies社の常温核融合実験の状況です。米国CBSの"Cold Fusion is Hot Again"という番組で、ミズーリ大学のロバート・ダンカン博士が実験の真偽を確かめるために訪れたのが、この会社でした

記事によると、米国の「Life Science Business Incubator」が、Energetics Technologies社を迎えたようで、研究者が米国に移って実験を続けるようです。成果が出るのを期待しましょう。




AIP(米国物理学協会)から常温核融合の論文集発行」でお知らせした論文集「LOW ENERGY NUCLEAR REACTIONS: The Information Fundamental Source」ですが、Jed Rothwell氏によると、突然、AIP側から出版がキャンセルされたそうです


On October 5, the AIP sent the attached letter to Jan Marwan abruptly cancelling the New Energy Technology Symposium Proceedings. See the letter and a memo from Marwan, below.
10月5日に、AIPは突然に添付のような手紙をJan Marwan氏に送り、「the New Energy Technology Symposium Proceedings」の出版をキャンセルすると伝えました。この手紙とMarwan氏のメモは下に示します。
We will probably upload the papers from these proceedings to LENR-CANR.org.  We will probably do this soon, since the AIP's decision appears to be irrevocable.
This is disappointing. Marwin did a lot of work on these proceedings, and they would have enhanced the status of cold fusion. We do not know why the AIP cancelled. I can speculate that someone opposed to cold fusion is behind the decision, but I have no knowledge of that.






常温核融合は本当だった! その14」に出ていました。中部電力・熊澤孝夫氏らが原子力学会(9/15~9/17)で水トリー発生に伴なう放射線の計測に関する研究報告をされたそうです。


H08 水トリー発生に伴う放射線の計測
H09 水トリー発生に伴う放射線の計測

この「脈動的な日変化」は、1日周期で反応が強まったり弱まったりしているように見える現象の事を指しています。別の常温核融合現象でも同じような1日周期の脈動が起こっている事を、水野忠彦博士とNagel博士が「Diurnal Variations in LENR Experiments」という題名でICCF-15で発表されています。

本件については、vortex-lのメーリングリストで、Jed Rothwell氏が話題にしていました。ICCF-15のAbstracts(PDF9.6MB)のP.97に載っている水野博士の報告を見ると、日本と米国の2箇所で行った異なる常温核融合実験で同じ24時間周期の反応が見られたとあります。これが確実だとすると、常温核融合現象は何かしら自然界の影響を受けている事になります。面白いですね。